スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺のダメネタデッキはいかがですか? 第6回

はいこの誰も見ていないんじゃないかと不安になるこの企画早くも第6回まできました。

まずこのカードを見てほしい

絵は美しいが能力がともなっていない、がそれは見せかけの弱さであった。あとネットで値段調べたら10円ってw完璧ハズレカード

レイ・ブロント

デュアルモンスター
星4/水属性/魚族/攻1500/守1000
このカードは墓地またはフィールド上に表側表示で存在する場合、
通常モンスターとして扱う。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードを通常召喚扱いとして再度召喚する事で、
このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカードの元々の攻撃力は2300になる。
このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になる。
次の自分のターン終了時までこのカードは表示形式を変更できない。

再召喚してゴブリン突撃部隊に守備力1000加えた程度のモンスターになるって…これはひどい…。
チーム太陽の甚兵衛がこのカードを見たらこんなカードで勝てるわけないだろう!そういってしまうかもしれない。でもどのカードにも意味があり価値がある、今回のダメネタデッキはこのカードを使ったデッキレシピを発表します。

名づけて「ディープシーキングデッキ!!」

強力カードの癖にノーマルで安い、しかし必須カードともいえるタウナギが高い…汚いな流石コナミきたない


え?このカード?うん今回の主役はこいつなんだけどね(笑)

でもレイ・ブロントはデッキの安定性を上げる潤滑剤なんです。いい奴なんです。
*注
筆者はゲーム内でCPUに対してのみオ○ニーデッキテストをしているため実際このデッキは弱い可能性が多分にあります。

新制限対応

上級 3枚
超古深海王シーラカンス×3

下級 15枚
魚族
レイ・ブロント×3 白タウナギ×3 レインボーフィッシュ×2
水族
アトランティスの戦士×3
戦士族
E・HERO エアーマン×1 E・HERO アナザー・ネオス

魔法 16枚
サイクロン×2 デュアルスパーク×3 おろかな埋葬×1 死者蘇生×1 黙する死者×2 ミラクル・フュージョン×2 未来融合×1 増援×1 伝説の都アトランティス×3

罠 6枚
フィッシュチャージ×3 奈落の落とし穴×2 リビングデットの呼び声×1

エキストラ
ZERO×3 ゴヨウ、ブリュ、スタダ、レモン、ブラック・ブル、トリシュ等

説明
今回のデッキはまずシーラカンスに目をつけたところから始まった。ここ最近のリリース2つのモンスターはぱっとしない能力のやつが多い!下手したら帝以下の能力のモンスターがいるぐらいである、あと地縛神(笑)。前回ミストバレーの巨神鳥を紹介していたが、やつの能力は実は最近のリリース2つモンスターのなかではかなりいい部類に入る。せっかく死者蘇生が復活したのだからおろかな埋葬→蘇生で戦局を一変させるようなモンスターがいないのか?そう思い探していたらいた!そいつの名はシーラカンス。こいつが場にでれば戦局は一変する。モンスター大量召喚からのシンクロで場を制圧だ!かつてのキングのようにスタダとレモンを同時に呼ぶことも可能。まさに超古深海王である。
しかし、世の中そううまくはいかない上記のコンボを毎回成功させるなんて運に頼らなければできない。そして問題なことに魚族の下級は単体ではレイ・ブロントが中の下程度で許されるヘナチョコモンスターだらけである。(レイ・ブロントの能力は最近の他種族においてはいていけないレベル)
これではコンボができなければ負けてしまうデッキになる…そう考えたすえの思考過程
シーラカンス以外にも勝ちパターンが必要だ→魚だけじゃ駄目→魚は水属性が多い→水といえばHERO→未来融合で墓地肥やせるじゃん!→HEROの投入決定→エアーマン→アナザー・ネオス→光デュアル→デュアル・スパーク→そういえば魚にくそ弱いデュアルがいたっけ…→どうせ他のモンスターもヤラレ専門になるならそいつ入れるか→白タウナギとシンクロでブラック・ブルドラゴになれるじゃん!→黙する死者でシーラカンスのリリース要員になれる!

完全論破! さすがレイ・ブロントは格がちがった

あとカエルやダンディを混ぜようかなーとも考えたがいまいち気が乗らなかった
エアーマン、増援はいうまでもなく、スパークやフィッシュチャージは一種の手札交換カードでもあるのでデッキ圧縮になる点がポイント高いです。
まだまだ改善点があるとは思いますが、こんな感じで。(ちなみにこの記事を書いていた時ネットで調べていたらほぼ似たようなデッキを考えている人がいた。みんな考えることは同じであるとつくづく感じた。)

こいつがこの能力で他の種族だった見向きもされない様なカードだったのに魚族のデュアルであるというだけで今回のデッキ構成にいたった。能力は低いが肩書きだけで評価されるっていう意味で現代的なカードだなーと思った。ちなみに魚族デュアルでこいつより性能がいいカードが出た日には…、出すなよ絶対に出すなよ。
あとデッキの核となるカードが安いのにそれを支えるカードのほうがすっごく高いってどういうことなの…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なやまし

Author:なやまし
サイコデュエリスト(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング
ランキング参加中

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
ブロとも一覧

デュエル日記

まあいい。まあいいさblog

遊戯王 大会優勝 デッキレシピ
時々比較対象が悪い投票
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。