スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩ましいマジコ感想「紅と黒」

以下ネタバレ注意

この感想は特殊な形式を用いていません、ただしマジコの感想とはかけ離れた内容をしだす可能性があるのでご注意ください。

そう、僕は気づいたんだ~♪

ゾディアネタが限界だって~

今週はちょっと趣向を変えて

magicoの現在までの話から妄想を繰り広げるというちょっと変わった感想をおこなってみようと思います。

なぜ今週になってそんなことを考えたかというと…

この魔法の名称が気になったからです…

「紅き騎士の断末魔(ハウル オブ ペイン)」

皆さんもうおなじみガスパ兄さんのこの魔法です。
何が気になったというとこの魔法を音から英語に変化させると

Howl of Pain

となります。
Howlはエクセレン姉さんの愛機ライン・ヴァイスリッターの必殺武器ハウリング・ランチャーからイメージできるように叫び声、断末魔の意味となります。

しかしそうなると本来痛みを意味するはずのPainが…

紅き騎士を意味することになってしまいます。

これはどういう意味なんでしょうか…
そもそもmagico世界は色がとても重要な意味を持っています。
魔法の体系も色で分けられていますし、そもそも黒魔女(エキドナ)なんて黒が前面にでている。そして今回は紅き騎士(ペイン)がでてきた。
このハウル オブ ペインは儀式方法その性能、また原動力がエレメントというよりおそろしい腐…じゃなくて負の力ででてきていることから今までの魔法とは一線を画している印象があります。

なんだかエキドナ系統の魔術であるような気がしてなりません。

こっからは僕の妄想になるんですが紅き騎士=ペインとなる理由が実はあるのではないだろうか?

妄想①かつてある騎士がいてその騎士が体中が傷だらけ、血だらけになるまで痛みとともに戦ったからペインと呼ばれるようになったのではないか?

妄想②またそもそも西洋の「痛み」を表す言葉は、語源的に「罪に対する罰」の意味を有している…らしい。
騎士が無実の罪で罰として一万回きりつけられ真っ赤になったことからこの魔法が生まれたのかも?

妄想③紅き騎士とはエキドナの配下または近しいものでありペインという名を持ってたのではないか。
まあエキドナが何故生まれたとかそのあたりはまだ全然分かってないのですが、かつてエキドナというものは存在してその力を存分に振るっていた時代があったと予想できます。
そのエキドナの負のエネルギーに引かれた一人の騎士が紅き騎士ペインだったとかいう展開なんてどうでしょうか?
この人の怨念のようなものがアストラル界みたいなところにあってそこからガスパが儀式で力を引き出しているとか。

妄想④岩本先生がノリで名前をつけた。
まあこの線が妥当ですね(笑)

今後色+職業の名前がついた魔法がでてくるようになればこの説も真実味を帯びていく…はず。
しかしこうやって考えるとエキドナの過去の話とかどっかでしないかなー。
魔女って言うぐらいだしかって人間だったころのエキドナとかあったのかなー。
いやぁmagicoってこう考察し直してみるとまだまだストーリーの全容が分かっていないことがよく分かります。
今後の展開にも期待です。

まあこの妄想があたることはまずないと思いますが(オイ。こんな話信じちゃだめよ。

ついげき
打ち切り?
俺は楽しんでいるから無問題。
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【悩ましいブログ】

以下ネタバレ注意 この感想は特殊な形式を用いていません、ただしマジコの感想とはかけ離れた内容をしだす可能性があるのでご注意ください。

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ここ数話くらい、感想書きにくいですよね笑


なんというか、真面目に闘っているので、ネタがない(´・ω・`)

No title

そうですねー

自分も強引な感想をしてしまいましたw
プロフィール

なやまし

Author:なやまし
サイコデュエリスト(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング
ランキング参加中

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
ブロとも一覧

デュエル日記

まあいい。まあいいさblog

遊戯王 大会優勝 デッキレシピ
時々比較対象が悪い投票
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。